結婚式 二次会 やり方

結婚式後の二次会のやり方

スポンサーリンク

披露宴の後に、挙式や披露宴に招待できなかった余裕人や知人が中心となって二次会を開いてくれることが多いです。
二次会は得に決まり事のない事由なパーティ形式が多いです。
カジュアルな雰囲気なので新芽楼側と神父側の交流のばにもなります。
やり方としては、ゲスト全員が参加できるゲーム形式にしたり、余興をとりいれたにぎやかな買いにするのか、新郎新婦がゲストとゆっくりと話せるような雰囲気にするのかなどによって変わってきます。
どのようなやり方で進行するのかテーマを絞り込んで準備をはじめることからスタートしましょう。
二次会は結婚式のあとにおこなわれますから、結婚式のような形式ばったものではなく、新郎・新婦と感じとなってくれる方とやり方についてよくうち合わせるとともに、友人たちの中から、同窓生、同じ会社の同僚、サークル仲間など、さきざきなジャンルの方に幹事となってもらい、結婚式の2から3カ月前には、幹事になる方に依頼するようにしましょう。
スポンサーリンク

二次会の中心的な役割となる幹事は親しい友人に依頼し準備を進めてもらうのが、一般的なやり方です。
一人だと準備は大変ですので、結婚式の準備と同時進行で進めるとスムースに運びます。
新郎側と新婦側からそれぞれ幹事になる方に依頼するのが一般的なやり方です。
ただ、二次会ですのでやり方も色々あるので、アイデアを出し合い、楽しく思い出に残る宴会にすることです。
結婚式には、親戚、職場の同僚、学生時代の同級生などに参列してもらいますが、最近の結婚式はあまり大勢の人を招待して飲んで騒ぐというような昔のやり方とは異なり、少人数でアットホームな雰囲気で新郎・新婦の門出を祝うというようにかわりつつあります。
どうしても、限られた人数になりますから、二次会には、親しくつきあっている方々と楽しい宴会にすることが、いい思い出につながります。
二次会が終わったなら、幹事や受付の方々へプレゼントとともにお礼を伝えましょう。
結婚式の出席者には引きで物当でお礼の気持ちをつたえますが、同様にお礼の気持ちを伝えることが大事です。
結婚式は一生の思い出です、そのあとの二次会も同様です。ぜひ忘れられないものにしましょう。
いろいろなやり方の中から、自分たちにあった思い出深いものにしましょう。
スポンサーリンク