結婚式 二次会 断り方 メール

結婚式二次会のメールでの断り方

スポンサーリンク

結婚式二次会に招待されたものの、なんらかの事情でいけなくなるということはありえます。
仕事や別の予定が入っていたり、子どもの面倒を見てもらえる予定がなかったりという事情は仕方がないものです。
しかし、金銭的な都合や、そこまで親しい人ではないため行きたくないという事情で断りたいということだってあるでしょう。
その場合は、直接その理由を伝えると今後の相手との関係にひびが入ってしまう可能性が高いです。
そのため、断り方には注意しないといけません。
特にメールの場合は、マナーを守り相手のことを考えた断り方をする必要があります。
メールでの断り方のマナーは、相手の結婚を祝福する言葉をいれること、どうしても行けないということを示すこと、行けなくて残念という気持ちを示すことです。
この要素を守っていれば、相手を不快にするおそれは少なくなります。
結婚式の披露宴や挙式を断るには相当の理由が必要ですが、二次会のみであればそこまで深く追求されることはないものです。
スポンサーリンク

メールでの断り方を具体的に説明します。
まずメールの最初に、相手の結婚を祝福し、結婚式の二次会に招待してもらったことを感謝する言葉を入れましょう。
その後に、どうしても用事があって行けないという内容を書きます。
用事の内容については、詳しく書かなくてもよいでしょう。
どうしても行けないということが伝われば相手も納得してくれるはずです。
もし追求された場合には、法事や仕事、家庭の都合など結婚式の二次会よりも優先度が高い予定があることを伝えましょう。
仮に金銭的な都合や心情的に行きたくないという理由であっても、それを伝えるのはNGです。
そして、行きたいけど行けなくて残念だという気持ちを伝えれば相手が不快感を感じることは少ないはずです。
結婚式の二次会は結婚式と比べて関係が薄い人たちを招待するものであり、場もカジュアルなことが多いです。
そのため、メールで断っても失礼にはなりませんし、断り方を気をつければ内容まで追求されることも少ないです。
しかし、メールでの断り方に自信がないからといって、二次会の当日にドタキャンするのは迷惑をかけるので、行かないならきちんと断りましょう。
スポンサーリンク