結婚式 二次会 ゲーム なし

結婚式の二次会でゲームなしはOKか

スポンサーリンク

結婚式の二次会では景品付きのゲームやイベントなどを行うのが定番となっています。
しかし、こうしたゲームやイベントなどを行うと、結婚式二次会の会費は7000〜9000円ほどと高額になってしまいます。
これは、景品代やゲームに必要な設備の準備に費用がかかるためです。
近年は不況が続いているため、ご祝儀に加え二次会費用で10000円近く飛んでいくのはなしにしたいと考える人も多いです。
そのため、ゲームなしにして会費を抑えるという形も増えてきています。
ゲームやイベントなしだと間がもたないのではないかと心配になるかもしれません。
そのような心配がある場合は、披露宴の映像を流したり、料理の提供方法を工夫したりするとよいでしょう。
披露宴の映像を流したいのならば、撮影は専門の業者に外注するのがおすすめです。
友人や知り合いに頼むのは、頼まれた方に負担が大きいですし、鑑賞に値するほどのクオリティは見込めないことが多いためです。
スポンサーリンク

結婚式の二次会をゲームなしにするかどうかは、招待客の客層によっても変わってきます。
結婚式からの招待客が多い場合や、招待客の客層が大人で落ち着いた人が多い場合はイベントなしの方がよい印象を与えることが多いです。
逆に、結婚式二次会の参加者が若くにぎやかなタイプが多いのならば、イベントはある方が盛り上がるかもしれません。
しかし、たいていの場合、二次会はイベントなしでもちゃんと盛り上がるものです。
ひさびさに会う友人同士で会話するのに忙しかったり、なかなか結婚式ではなせなかった新郎新婦と話がしたかったりするので、イベントごとで中断されない方がよかったと感じる人は案外多いのです。
二次会からの参加ならば、飲んだり食べたりするのにも忙しいためさらにせわしなく感じます。
景品などで費用が高くなるくらいなら、景品の代金を節約して会費が安い方がよいというのが参加者の本音という側面もあります。
最終的には新郎新婦と監事の判断になるので、よく相談して決めましょう。
スポンサーリンク