結婚式 二次会 欠席理由

結婚式の二次会の欠席理由を伝えるときのマナー

スポンサーリンク

結婚式の二次会に誘われても、様々な理由で参加できないこともあります。
たいていの場合、欠席理由をそのまま伝えればよいのですが、中には伝え方に注意しないといけないこともあります。
マナーを意識して、相手を不快にさせないように上手に伝えましょう。
結婚式の二次会の欠席理由として最も多いのが何か予定があるということです。
仕事だったり、法事などの弔事と重なったり、通院と重なったり、子供を預けられなかったりといった欠席理由が多いでしょう。
こうした欠席理由は仕方のないものなので、そのまま相手に伝えてかまいません。
相手も断られたからといって不快になることはないので心配は不要です。
注意しないといけないのが、金銭的な都合で参加したくないという欠席理由や、二次会に誘われたけど親しくないから参加したくないという欠席理由です。
このような理由のときは誘ってくれた相手を不快にさせてしまうので、別の理由に置き換えて断りましょう。
スポンサーリンク

どうしても外せない用事があるといえば、深追いして聞かれることはあまりありません。
また、行きたいけど行けなくて残念という気持ちも伝えれば関係にひびが入ることもなく、今後のつきあいが円満にすすみます。
結婚式や披露宴に参加するものの、二次会には参加したくないという場合も断り方には注意が必要です。
結婚式の時間帯は問題ないが、二次会の時間帯に用事が入っているという風に断るとよいでしょう。
断りにくいからといってドタキャンするのは迷惑をかけるので、行けない、行きたくないならばあらかじめ断っておくのがマナーです。
また、結婚式二次会を断るときは、ただ断るだけでなく、お祝いの言葉、行きたいけど都合がつかなくて行けないということ、今後の二人の幸せを祈るという内容の言葉を入れて断ると角がたちません。
結婚式に参加して、二次会は参加しないというのであれば別途お祝いをおくる必要はありませんが、両方いかないのであれば関係によってはお祝いをおくったほうがいいこともあるので注意しましょう。
スポンサーリンク