結婚式 二次会 司会 セリフ

結婚式のあとの二次会の司会を頼まれたらセリフは重要です

スポンサーリンク

結婚式は基本的に式場などの担当者が進行を進めることが多いので、しっかりと内容が決まっている場合が多いといえます。
しかし二次会の場合には司会のセリフは特に決まっておらず当日にいきなりアドリブで行うということもあるかもしれないです。
しかし結婚式と同じように二次会もある程度は司会のセリフを決めておくとスムーズに進行することが出来ます。
もちろん結婚式のようにきっちりと決めておく必要はないといえますが、全体の流れは二次会の場合にも司会が押さえておくことが大切になってきます。
具体的にどのようなセリフがあるのかというと、まずは挨拶になります。
ここは会の雰囲気を決める重要な部分になるので内容について何を話すかということは押さえておくことが重要です。
もちろん、一字一句を先に決めてしまって覚えるというのは逆に読んでいる感じが強くなってしまうので良くないといえます。
あくまでもどういう項目について話すのかということを押さえていくことです。
スポンサーリンク

例えば、会へ出席いただいたことへのお礼を述べて、その後に自分の自己紹介と新郎や新婦との関係などを話して、ゲームなどの内容説明などを行うといった具合です。
話すことは、その場で考えればいいのです。
結婚式では非常に厳密に曲などのタイミングなどもあり時間が重要ですが二次会の場合には司会のセリフについても、ある程度の自由度があります。
もちろん結婚式や披露宴などが押してしまって新郎新婦の二次会への到着が遅れてしまうなどが出てしまうこともあります。
そういうことも司会としては考えておくことが大切です。
事前にそういうときのセリフも決めてしまっておくと当日に焦らなくてすみます。
結婚式よりも二次会のほうがくだけた雰囲気になることも多いので司会としてもセリフは出来るだけ形式張らないように楽しく行うようにすることが大切になってきます。
基本は出席の方々が作っていくものと考えて、その時間をしっかりと区切りながら進行していくのが司会であると考えると分かりやすいです。
スポンサーリンク