結婚式 二次会 服装 男性 夏

夏の結婚式二次会での男性の服装とは

スポンサーリンク

結婚式と二次会か夏に行われる場合、男性ではどの程度まで服装を崩していいのか悩むという人もいるかもしれません。
女性の服装は基本的に薄着なのでそこまで気になりませんが、男性は結婚式ではジャケット着用がマナーです。
しかし、夏はジャケットだと暑く、二次会というカジュアルな場ではラフな格好にしたいと思う人もいるかもしれません。
ですが、自己判断で服装を決めるのは浮いてしまう可能性があり危険です。
基本となるマナーを知ってから、アレンジする方がマナーを外さずにすみます。
男性は、夏の結婚式でも二次会でも、ジャケット着用が基本です。
二次会の場所がホテルなどフォーマルな場所の場合はネクタイも必要です。
結婚式とほぼ変わらないフォーマルな服装がマナーです。
二次会ということで少しカジュアルダウンしたいのならば、夏らしくスーツの色をグレーや紺などにしたり、ネクタイやポケットチーフの色柄で遊ぶといったアレンジがよいでしょう。
スポンサーリンク

居酒屋やレストランなどある程度カジュアルな場であるならば、ノーネクタイでもかまわないでしょう。
しかし、ジャケットは着用していく方がよいでしょう。
現地で脱いでいる人が多ければ脱いでもかまいません。
カジュアルな場合は必ずしもスーツでなくてもよいですが、ジーンズなどのカジュアルすぎる服装は避けましょう。
スーツでももちろんかまいません。
男性の場合は、迷ったらスーツを着ていけば間違いないと覚えておきましょう。
カジュアルな場で行う夏の結婚式二次会ならば、明るめのチノパンに白いシャツ、麻のジャケットなどもおすすめです。
ジャケットの素材を夏らしいものにするとぐっと軽やかになり、おしゃれな男性に見えます。
足下は革靴が無難です。
結婚式では黒の革靴がマナーですが、二次会ならば茶色などでもかまいません。
スニーカーやサンダルなどはカジュアルすぎるのでマナー違反です。
男性の服装は選択肢がそこまで多くないですが、その分外してしまうと恥ずかしいので、選び方には注意しましょう。
スポンサーリンク