結婚式 二次会 受付 お礼

結婚式や二次会などの受付を依頼したお礼について

スポンサーリンク

結婚式や二次会などで受付を引き受けてくれた友人へは、お礼を渡すのが一般的です。
結婚式や二次会などの受付の仕事は、ご祝儀を預かることはもちろんお車代などを渡してもらうなど金銭のやり取りを行います。
ですから、責任感があり信用することができる友人を選ぶ必要があります。
また、その友人も式の雰囲気などを壊さないために、笑顔で受付の仕事を行わなければなりません。
それにプラスして、お金を預かるという大役を任されなければいけないため、大変な仕事なのです。
また、受付の仕事を行うために一般のゲストよりも早い時間に来て、準備しなければなりません。
新郎側から2名、新婦側から2名、合計4名の人に行ってもらいます。
その4名で席次表を渡したり、ご祝儀を預かったりなどの仕事を行ってもらいます。
結婚式の受付を行った人に二次会もお願いするのが一般的ですので、時間に余裕がある人を選ぶ必要があります。
小さな子供がいる人などは避けた方が良いでしょう。
スポンサーリンク

結婚式や二次会などの受付業務を行ってくれた友人には、3000円から5000円程度のお礼を贈ることが大切です。
無償で行ってくれると言っても、大変な業務であるためお礼を包むのが一般常識です。
お金を包むのは抵抗があるという場合は、同額の商品券を用意すればよいでしょう。
また、同額の喜ばれる品などを用意しておくのも一つのお礼の方法です。
お礼を包むのはご祝儀袋に入れて、御礼などと記入します。
ご祝儀袋ではない場合は、お車代封筒、ポチ袋などが販売されているためそれらを利用するのも良いでしょう。
そして、渡すのは新郎や新婦ではなく、両家の親から受付の仕事を開始する前に渡しておくのが一般的です。
新郎新婦が用意して、両家の親にお願いしておくと忘れることもないため安心です。
結婚式や二次会などではこのようにお礼が必要な場面が多々あるため、余分なお金の用意やご祝儀袋などを用意しておくと安心です。
結婚式や二次会など初めて行う人がほとんどであるため、主催者側は覚えておくとよいでしょう。
スポンサーリンク