結婚式 二次会 手土産

結婚式の二次会に手土産は必要か

スポンサーリンク

結婚式の二次会だけに呼ばれた場合、お祝いのプレゼントとして手土産を持って行くべきか悩むという人もいるかもしれません。
結婚式や披露宴に参列していれば、ご祝儀を支払うので気兼ねなく二次会に参加できますが、二次会のみだと飲み会の料金程度なので申し訳なく思う人もいるのではないでしょうか。
結論から言うと、結婚式の二次会には手土産は必要ありません。
もし手土産を用意するとしても、かさばらない軽いものにするのがおすすめです。
まず前提として、二次会には着てくれるだけで嬉しいものであるということがあります。
企画するのは友人であることが多いですが、主役となる新郎新婦にとっては、貴重な時間を割き、お金を払って参加してくれるだけでうれしいものです。
そのため、過剰な気遣いはしなくても全く気になりません。
二次会だけに呼ばれるということは、そこまで関係性が近くないともいえるので、そこまで期待していないという気持ちも正直なところあるでしょう。
スポンサーリンク

また、結婚式の当日に行うことが多いため、会が終わったあとには荷物の片づけや整理で新郎新婦はかなり疲れてしまいます。
持ち込みの荷物をそのまま持ち替えらねばならないことも多く、ただでさえ荷物が大量なことが多いのです。
そのため、結婚式当日に手土産をもらっても持ち帰るのや整理が大変になってしまいます。
お祝いとして手土産を贈りたいならば、事前に渡しておくか、後日あらためて渡すのがよいでしょう。
それでもぜひ直接渡したいと思うならば、軽くてかさばらない手土産がおすすめです。
お祝いとしてならば商品券やギフトカードなどは確実に喜ばれます。
日持ちのするお菓子などもよいでしょう。
ただし、お菓子はかさばったり重かったりすることもあるので、内容には注意が必要です。
お花は定番ですが喜ばれます。
ブーケよりもすぐに飾れる卓上花のようなものがよいでしょう。
この場合もサイズには注意しましょう。
結婚式はゲストの喜びが新郎新婦の喜びにもなるので、必要以上に気を使わず楽しむのがもっともよいお祝いです。
スポンサーリンク