結婚式 二次会 時間帯

結婚式二次会の時間帯による注意点

スポンサーリンク

結婚式の二次会は、たいていの場合夕方から夜にかけての時間帯に開かれます。
これは、結婚式が日中の時間帯に行われ、同じ日に二次会まで行うためこのような時間帯になります。
結婚式の二次会は、早いと夕方17時頃から、遅いと19〜21時頃から開催することもあります。
早い時間帯に始めると、ゲストも待ち時間が少なく、翌日に予定があっても余裕をもって参加できるので、参加者にとってうれしいことが多いです。
ただ、通常結婚式の披露宴はかなりボリュームのある食事が提供されます。
そのため、披露宴終了から二次会までの時間が短いと、二次会でも料理が出てきても参加者が全然食べられないということもあります。
また、新郎新婦もかなり慌ただしくなるため、疲れてしまったり予定時刻に新郎新婦が間に合わないおそれもあります。
披露宴はしばしば延長してしまうので、そのような場合は二次会に間に合わない可能性が出てきます。
ゲストにとっても慌ただしくなります。
スポンサーリンク

一方、遅い時間帯の二次会は、会費が安くすむことが多いというメリットがあります。
遅い時間になるため、あまりボリュームのある食事はいらないという人が多いです。
そのため、軽食と飲み物程度の用意になり、その分会費が浮かせます。
また、午後や夕方の結婚式の場合でも、時間に余裕ができるため参加者も新郎新婦もバタバタせずにすみます。
金曜の夜や、土曜の夜など翌日が休みならば、時間帯が遅くても参加者はある程度見込めます。
しかし、基本的に遅い時間帯だと参加者は少なくなるという傾向があります。
参加者は近場から来ている人ばかりではありません。
遠方から来る人もいますし、わざわざ休みをとったという人もいるでしょう。
そのような人は遅い時間の二次会は参加したがりません。
近郊に住んでいても、女性は欠席率が高くなります。
特に翌日が平日だと欠席率が高くなるので、開催した方としても残念な気持ちになってしまいます。
結婚式との兼ね合いもありますが、時間帯はよく考えるとよいでしょう。
スポンサーリンク