結婚式 二次会 費用 内訳

幹事のための結婚式二次会の費用の内訳について

スポンサーリンク

結婚式の二次会にかかる費用は、参加する人から当日会費として集金するスタイルが一般的です。
二次会の費用については、経費を考慮して赤字にならないようにすることと、できる限りゲストの方が参加しやすい費用にするということがポイントとなります。
そして、結婚式の二次会の費用の相場については、5千円〜9千円がかかる費用の相場となります。
 結婚式の二次会の会費については、ゲストの年齢層などによっても異なるのですが、1万円を超える金額設定はマナー違反となりますので注意しましょう。
また、男性よりは女性の会費の方が1千円〜2千円程度少ない場合が多いのが現状です。
女性の方がお酒を飲む量や食事の量が少ないからです。
 結婚式の二次会にかかる費用の内訳については、もっとも占める割合が多い内訳が会場費となります。
さらに会場費の内訳については、二次会で使用するスペース代、料理・飲み物代となっています。
参加してくれたゲストへのお礼として、プチギフトを用意する場合が多いのですが、プチギフト代に関しては基本的に新郎・新婦の負担となります。
スポンサーリンク

 そのほかの結婚式の二次会の内訳については、招待状代、パーティーのゲームに使用する備品代、ゲームなどの賞品代、芳名帳やウェルカムボードといったものにかかる備品代などとなります。
前述しましたように、基本的にゲストへのプチギフト代は新郎・新婦の負担となりますし、新郎・新婦の二次会の衣装代に関しても自分たちで負担します。
すべて幹事さん任せで、かかる費用のすべてを会費で賄うというのは非常識であるということを認識しておきましょう。
 幹事を任された場合には、内訳の細かな見積もりと、新郎・新婦の負担などを明確にしておくことがトラブルの回避策となります。
結婚式の披露宴にも出席したゲストが多い場合には、料理は余ってしまうことも多く、逆に盛り上がった場合にはドリンク代が高くつくことが多いので、可能であれば飲み放題プランを利用するようにしましょう。
 予算で忘れがちなのが消費税となります。
内訳では必ず消費税込みの費用で考えるようにしましょう。
また、何らかのやむを得ない理由で当日キャンセルというゲストも少なくありません。
ゆえに、予算は少し余裕を持たせておくということもポイントとなります。
スポンサーリンク