結婚式 二次会 欠席 当日

結婚式の二次会のマナー、やむを得ず当日欠席する時の対応

スポンサーリンク

結婚式の二次会に招待され、やむを得ない事情で欠席する場合には、できるだけ早く、尚且つ、新郎新婦の気持ちを考えて真摯に対応することがマナーとなります。
当日のドタキャンは、会場の予約の関係などもあり基本的にはNGとなります。
また、結婚式の二次会への参加については、披露宴と二次会の両方に招待されている場合と、二次会にのみ招待されてる場合とがあり、それぞれのケースで相手に伝える欠席の理由は異なります。
 結婚式の披露宴に出席する場合には、披露宴の席でお祝いすることができていますので、二次会への欠席の理由を正直に伝えてもかまいません。
欠席の理由については、遠方から来ていて当日中に帰らなければいけない、小さな子供が家で待っているなどといった理由が挙げられます。
ただし、当日に欠席の旨を伝えるのではなく、事前に伝えておくことがマナーとなります。
当日のドタキャンは、突然の体調不良などの理由であり得ることではあるのですが、予算面で幹事さんにも迷惑をかけてしまいますので気をつけましょう。
 スポンサーリンク

 結婚式の二次会にのみ招待されて、その日にすでに動かせない予定が入っている場合には、欠席する理由をそのまま正直に伝えてもかまいません。
ただし、この場合にも、当日に伝えることはマナー違反となりますし、メールなどで伝えることもNGとなります。
相手に直接会う、もしくは電話で伝えるようにしましょう。
 二次会に出席しようと思えばできるのに、招待されるほど仲が良いとは思っていない、それほど親しい付き合いではないなどの理由で招待を断る場合には、そのままの理由を伝えることは社会人のマナーとしてもNGとなります。
その場合には、身内のお祝いごとや法事などやむを得ない事情があるという理由で断るようにします。
 この場合には、結婚式当日にSNSなどへの投稿は控えるようにしましょう。
結婚式の二次会へ参加しようと思えばできたことを相手に知られてしまう可能性があるからです。
友人に本当の欠席の理由を知られないようにする配慮が重要となります。
スポンサーリンク