結婚式 二次会 景品 数

結婚式の二次会の景品は数を用意することが大事

スポンサーリンク

すでに自分の結婚式を終えた女性にとって、知人の結婚式に招待されることは大変うれしいことです。
家から離れて、精一杯のおしゃれをして、普段より数センチ高いヒール靴を履いて結婚式へお出かけできるのは楽しい時間です。
結婚式から引き続き、二次会に出席するかどうかのお誘いが来れば、お楽しみの時間がさらに伸びるので「ぜひ二次会にも出席したい」という気持ちになる人も多いと思います。
結婚式の二次会は、結婚式という大一番を終えた新婚夫婦が、気の知れた仲間たちと思いっきり騒ぐことのできる場です。
二次会を一番に盛り上げるのは、間違いなくゲームです。
なかなか大人数で本気でゲームをする機会がない社会人や主婦にとっては、二次会のような場でしか参加することがないかもしれません。
二次会の余興は色々ありますが、出席者も一緒になって楽しめるゲームでは必ずと言っていいほど景品で盛り上がります。
これが景品なの、と思うほど豪華なものから、残念賞であることが一目瞭然の景品まで、景品の数が多ければ多いほどゲーム参加者の熱も上がってくるので、出来れば参加者の数を増やして景品も増やすほうがよいでしょう。
数人しか参加できないものより全員参加型の方が、幹事は大人数で大変かもしれませんが出席者からすると楽しめると思います。
また、全員に景品があればなおよしです。
スポンサーリンク

ここ最近の二次会のゲームでの定番の品は、豪華なものだと1遊園地のペアチケット2自動掃除機3据え置き型ゲーム機4タブレット端末などが多いです。
遊園地のペアチケットは、もらった人が新郎新婦に逆プレゼントするのもいいかもしれませんね。
自動掃除機は、男女問わず一人暮らしでもファミリーでも使えるものなのでもし景品として当たったら「あたり」と思ってくれるはずです。
生活スタイルや男女問わず、とすれば据え置き型ゲーム機はどうなのかといいますと、確かに20代の女性にはあまりニーズがないかもしれませんが、最近は据え置き型ゲーム機でおうちフィットネスなどができるソフトもありますので、そのようなソフトとセットにすれば、喜んでもらえるでしょう。
タブレット端末は、薄いものが多いため、当たった人が他のタブレットを所持していてもサブ機として使ってもらえる可能性が非常に高いです。
複数持ちになると、使い方の幅も広がりますのでかぶったらどうしよう、と心配することはないと思います。
豪華な品のほかに、その他ゲーム参加者全員に配れるハンカチや、駄菓子なども用意しておくことをおすすめします。
二次会は結婚式、披露宴とは別に会費を徴収することが多いので、そのぶん出席者が満足できるような内容にすること大切なのです。
スポンサーリンク