結婚式 二次会 服装 男性 おしゃれ

結婚式二次会において男性のおしゃれな服装とは

スポンサーリンク

結婚式や二次会の服装事情において主に取りざたされるのは女性の服装のことばかりです。
ですが、男性の服装にもマナーが当然あり、おしゃれな着こなし方もあります。
マナーをはずさずにおしゃれに着こなすには、結婚式や二次会での基本ルールを知っておくのが重要です。
結婚式や二次会で、男性の服装の基本的ルールはダークスーツを着用することです。
白やベージュ、白に近いような明るいグレーなどの色は花婿の色とされているので、特に結婚式ではふさわしくありません。
ただ、二次会ではこうした色味でも許される場合があります。
迷ったら男性はブラックスーツを選べば間違いありません。
柄は無地か細いストライプなどはOKです。
シャツの色はあまりに派手な色でなければわりとどの色でもマナー違反にはなりません。
逆に、ネクタイは黒はマナー違反で、ふさわしいのは白です。
二次会であれば黒と白以外の色でもかまいません。
近年ではパステル調のカラーもおしゃれで若い人に人気です。
スポンサーリンク

こうした基本を抑えて、小物や色味でアレンジを加えれば、男性の衣装もおしゃれになります。
結婚式二次会はかなりカジュアルなお店で行うこともありますが、Tシャツにジーンズといった服装や、短パンやジャージなどの服装は当然ふさわしくありません。
基本はスーツもしくはジャケットを羽織ることと覚えておきましょう。
ダークスーツを基本とするならば、ネクタイや小物でアクセントを加えるとおしゃれです。
結婚式からそのまま二次会に参加するならば、ネクタイを変えてみたり、ポケットにハンカチーフをさして色味を加えてみたり、ネクタイピンをおしゃれなものにしてみたりすると手軽にイメージが変えられます。
また、男性の場合荷物を持たずに参加することも多いですが、バッグを持ち込むならばクラッチバッグがおすすめです。
小ぶりでありながら必要最低限のものはきちんと入ります。
小脇に抱えられるのでじゃまにもなりません。
男性もマナーを守った上でおしゃれを楽しむとより楽しくなるでしょう。
スポンサーリンク