結婚式 二次会 服装 女性 冬

冬の結婚式二次会での女性の服装とは

スポンサーリンク

結婚式二次会は結婚式よりも少しカジュアルな場になることが多いです。
とはいっても、会場によってはフォーマルな服装がふさわしい場合もあります。
カジュアルな場であっても、二次会は結婚式の延長上にある場なので、あまりにくだけた服装はNGです。
男性ならばスーツでよいのですが、女性の場合は無数のバリエーションがあるので悩むこともあるでしょう。
また、夏と冬では気をつけるべきポイントも変わってきます。
冬で屋外の場合や室内の場合も注意するポイントは変わるので、招待された会場ごとに気をつけなければなりません。
基本的な女性の服装のマナーとしては、白や生花飾り、殺生をイメージさせるものはNGというポイントがあります。
白や生花の飾りは花嫁の特権であるためです。
二次会といえども、このルールは同じなので注意しましょう。
また、殺生をイメージさせるものとしてファー飾りやアニマル柄などもNGです。
冬はファーのついたコートなども多いですが、結婚式や二次会では避けましょう。
スポンサーリンク

足元の注意点として、かかとの見える靴はNGという点があります。
二次会だからといっても、かかとなしのミュールやサンダルは品がなくマナー違反です。
また、女性が冬にはきがちな黒タイツやブーツもよくありません。
冬でも、女性はベージュのストッキングとパンプスが基本であるということを覚えておきましょう。
寒い場合はストッキングを重ねばきしたり、ホッカイロを足の裏にはったり、ストールを膝からかけたりするとよいでしょう。
また、移動時は防寒していって、会場についてから服装を変えるのもおすすめです。
冬の結婚式や二次会は会場がかなり温めてあります。
会場内では暑いことが多いのでかなり薄着の服装でも心配いりません。
女性は華やかな服装をすることも結婚式でのマナーとされています。
白を避けるのはもちろんですが、黒一色もなるべく避けましょう。
小物やアクセサリーで華やかにし、花嫁を引き立てることをイメージするのがコツです。
女性は考えることが多いですが、その過程も楽しむべきイベントといえるのではないでしょうか。
スポンサーリンク