結婚式 二次会 案内文

結婚式と二次会の違いと案内文などの作成について

スポンサーリンク

結婚式を挙げる際には友人や知人が二次会を開催することがあります。
例えば、結婚式の場合は親族や同僚などが多く参加することが多いです。
一方で二次会の場合は気の合う友人だけが参加するので気兼ねなく楽しむことができます。
そんな二次会を開く際には幹事を決める必要があります。
 この幹事は新郎新婦が行うケースと友人が行うケースの2種類があります。
ただ、新郎新婦が行う場合は結婚式の準備と並行して案内文の作製などを行わなければならないので、手間がかかるデメリットがあります。
また、新郎新婦は二次会の主役でもあるので、なるべく手間を掛けない方法を選択する必要があります。
 一方で、友人に頼む場合は新郎新婦の負担が少ないメリットがあります。
また、複数人で案内文の作製などを分担できるので、一人あたりの負担を減らすことができます。
ただ、その友人によって二次会の全てが決まるので、信頼できる友人に相談することをおすすめします。
スポンサーリンク

 二次会を開く際には結婚式の案内文とは別に専用の案内文を作成する必要があります。
この案内文は呼びたくない方の分は作成しなくてもよいので、新郎新婦と相談して出席者を決めることができます。
また、案内文には出血を確認する意味合いもあるので、結婚式の日程が決まり次第作成する必要があります。
 また、会費の設定もする必要があります。
例えば、二次会では広い部屋を確保する必要があるので場所代がかかります。
また、料理やゲームの景品などの費用も掛かります。
それらの費用を参加人数で割っておおよその費用を算出する必要があるので、それらを含めて会費を設定する必要があります。
 また、二次会は結婚式と比較して出席者に連絡することが多いので、コミュニケーション能力が高い人が向いています。
また、連絡先を把握している方が望ましいです。
そのため、友人が結婚する際にはこれらを踏まえて幹事を決めることをおすすめします。
また、最近では幹事の代行サービスもあるので、興味がある方は利用することをおすすめします。
スポンサーリンク