結婚式 二次会 会費 封筒

結婚式のあとの二次会に招待されたときに会費の封筒は迷います

スポンサーリンク

結婚式のあとの二次会に誘われた時に会費の支払いをどうするかということは一般的にあまり知られていなくて実際にどうするのか困ってしまうということもあります。
結婚式の場合にはご祝儀袋を使って渡すということが決まっているので簡単ですが、二次会の場合には、どのような封筒を使って渡したらいいのかということも分からないということがあります。
二次会の会費はご祝儀袋に入れて渡す必要はなく、そのままお金だけでお渡しするということが一般的だといえます。
しかし現金をそのまま渡すのは抵抗があるという場合には封を閉じていない封筒にお金を入れてお渡しするというのが感じも良くいいかもしれないです。
金額については結婚式の場合には新郎新婦との関係によって会費がある程度決まっていますが、二次会の場合には決まった金額というのがあってそれを封筒に入れて渡すことになります。
しかし、それだけで良いのだろうかと考えることもあるかもしれないです。
スポンサーリンク

結婚式の場合には金額が決まっていないため多めに渡すということもあります。
しかし二次会の場合には会費の金額は決まっていて、それ以上渡すことは逆に主催者側を困らせてしまうことにもなってしまいます。
せっかくの祝福の気持ちで封筒に多めの金額を入れて渡しても困ってしまっては意味がないといえます。
結婚式と二次会では考え方自体が違っているということです。
会費でいただくということになるので決まった金額だけをお渡しして主役の2人をしっかりと祝福するという気持ちがあれば十分であるということになります。
封筒にいれるというのはちょっとした気遣いです。
会費として金額が決まっているのであれば、それに合わせるのも気遣いであるといえます。
結婚式のときには金額で主役の2人をお祝いする気持ちを表すことができます。
しかし二次会の場合には会費として金額が決まっているので封筒に入れるくらいしか更なる気持ちを表すことができないと思うかもしれないです。
しかし、そういう場合には会費とは別に軽いプレゼントを渡すというのも方法のひとつです。
スポンサーリンク