結婚式 二次会 幹事なし

結婚式の二次会を幹事なしで済ます場合

スポンサーリンク

結婚式の二次会を幹事なしで行うこともできます。
結婚式の二次会の幹事を頼むことが出来る人がいない、という人にはいくつか選択肢があります。
まずは幹事なしでそのまま二次会を進めるということです。
この場合、出し物やイベント、ゲームなどといったものを行うのではなく飲み会や立食パーティーのような形になると考えられます。
また、幹事なしで自分たちで進めるというのも選択肢の一つです。
花嫁花婿が行う場合は、高砂が司会席となり、そこから指示を出して二次会を進めていくという形です。
ただ、当日は結婚式の準備もあるため二次会に必要な物などを運んでくれたり、準備やサポートしてくれる友人や親類などが必要になると考えられます。
開催されるお店によっては協力してくれるところもあるので、幹事なしで自分たちで行う場合はそれも考慮して選ぶのが良いでしょう。
次は、結婚式のように二次会もプロの司会者や幹事を依頼することで切り抜けるという方法です。
スポンサーリンク

プロの司会者や幹事を呼ぶ場合は値段もかかりますが、友人達に頼む手間や苦労などを省くことが出来という点ではメリットです。
友人らに幹事を依頼してしまうと、余計な苦労をかけてしまったり人間関係にひびが入ってしまったりするケースもあります。
ですから、その点を考えれば、プロに依頼するというのも良い選択肢の一つなのです。
また、この場合もお店で手配してくれるところもあります。
幹事なしで行うのは大変なので、お店のオプションなどでついてくる所もあります。
ですから、幹事なしで考えている場合は、お店選びが重要になってくると考えるとよいでしょう。
結婚式の二次会は形にもよりますが、結婚式の規模が小さくて、カジュアルなバージョンと考えるとよいでしょう。
催し物などを考えている場合は、特に進行してくれる人が必要になります。
幹事なしで自分たちで行うこともできますが、その場合はどのようになるかシミュレーションしてくと良いでしょう。
スポンサーリンク